大規模災害に備え、年度初めに配布しています「引き渡しに関するマニュアル」を掲載します。

1  保護者引き渡しを実施するケース

○大規模な自然災害

○不審者が園に侵入し、実被害が出たとき

○近隣地域で凶悪事件等が発生し、犯人が逃走中で、園児等に危害が及ぶ恐れがあるとき

2 保護者引き渡しについての連絡手段

(1)通信手段(携帯メール・電話)が使えるとき

→ 保護者引き渡しを実施する場合は、原則、園から連絡をします。園から、保護者あて緊急メール及び電話により連絡し、お子さんの引き取りを依頼します。

(2)いっさいの通信手段が途絶し、連絡できないとき

→ 園に園児を待機させ、保護者の来園を持って引き渡します。

「1 保護者引き渡しを実施するケース」を踏まえて、保護者の判断で来園するようお願いします。

※引き渡しのケース等、不明な点がありましたら、園までお問い合わせください。

なお、通信手段が使えない場合でも、状況に応じて、園の玄関などに避難状況や引き渡しの場所などを掲示する等の対応に努めます。

3 引き渡し場所

(1)大規模な自然災害(地震・津波等)が発生し、大きな被害が出たとき

原則、園を引き渡し場所とします。津波被害等の場合、避難場所(園庭または遊戯室)を引き渡しの場所とします。

(2)不審者が園に侵入し、実害が出たとき、近隣地域で凶悪事件等が発生し、犯人が逃走中で、園児などに危害が及ぶ恐れがあるとき

原則、園を引き渡し場所とします。ただし、園児等の心理的動揺などにより、園での引き渡しが望ましくないと判断した場合は、安全と判断し設定した引き渡し場所を連絡します。

4 「緊急時引き渡しカード」の提出 ※別紙参照

円滑かつ安全な引き渡しのために、引き渡しカードを使用して引き渡しを行います。
以下の点について、ご協力をお願いします。
①引き取りに来る人(引き取り登録者)を決めて、別紙「引き渡しカード」に記入してください。
・引き取り登録者の1番には、保護者を登録してください。
・引き取り登録者の2番以降は、1番の保護者が、引き取りができない場合の引き取り者(保護者・親族など)を登録してください。できるだけ4番までの引き取り登録者を記入してください。
・保護者以外の引き取り者は、お子さんが確認できる人をお願いします。
②園への提出後、「保護者控え用」を返却しますので、家庭で保管してください。
③「引き渡しカード(携帯用)」は、押印後、切り取られて、それぞれの引き取り者に渡してください。引き渡し時に必要になりますので必ず持参してください。

5 引き渡しの手順

引き渡しを実施するケースが発生
◆大規模な自然災害
◆重大事件の発生

○園からの引き渡し実施の連絡があった。
○園からの連絡ができない状態になっていると思われる。
引き取り者を決める

引き渡し場所へ

(1)受付

園庭の園児待機場所にて、お子さんのクラスの列に並んでください。

(2)お子さんによる確認

各クラスの教職員に、「引き渡しカード(携帯用)を渡し、「○○の(母)です。」と告げてください。「引き渡しカード」を忘れた場合は、運転免許証などを提示していただき、引き取り者の確認をします。

(3)引き渡し

お子さんが引き取り者を確認できたら、引き渡します。その際、園からの連絡事項を確認するとともに、自宅以外の場所にお子さんを引き取る場合の連絡先など、園に伝えておくべき連絡事項を担当の教職員に伝えてください。

(4)次のお子さん「きょうだい」の引き取り

「きょうだい」がいる場合、一人目のお子さんを連れて、次のクラスの列に並び、同様の手順で次のお子さんを引き取りを行ってください。必ずクラス毎に引き取りに来てください。

(5)お願い

園児は落ち着いて待機し、順に引き渡しが実施できるようにしています。勝手に待機場所からお子さんを連れて帰らないようにお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください